悩みがあるのが当たり前?

*

たかが職場・・・

考えてみたらですね、職場っていうのはお給料をもらうところだから、楽しいわけはない。
長時間いなくちゃいけないところだけど、そこがすべてというわけじゃない。
ある意味割り切ってしまうのが大事なのかな、と、長い間働いてきてそう思ってます。

女の子は特に仲良しがいないと寂しい、耐えられないっていう人が多いですよね。
それは職場に入る前の学校の時のメンタリティを持ち続けているからだと思う。

男子にはわからないかもしれないけど。

職場でも、一人でご飯が食べられないという人が多くてびっくりしましたよ。
あれは、一人で食べるのがイヤなわけじゃないですね。
一人で食べているところを見られるのが嫌なんですえ。

あの人友達いない、そういう目で見られるのがたまらないわけですよ。

考えてみたらそういうメンタリティって危ないね。

なぜ一人だと思われるのが、友達がいないと思われるのが怖いのか、
そういうことを考えたほうがいいのかも。

そういうことを思う人自体、いじめの側に回ることが多いんじゃないかと思うな。
もちろんそうじゃない人もいるかもしれないけど、潜在的にそういう可能性を持っていると思うわ。

一人でいるのがみじめ、一人でいると仲間外れにされている、そういう認識があるんだろうな。

私は一人でいることが意外に平気というタイプだけど、周りがそうじゃないから、一人でいることがやりにくい、と思うことはありました。

毒されてくると、誰かと一緒にいないとまずいのかな、友達にならないと、なんて変な焦りも出てきたりしてね。
そうそう、私もそういう風に思うことも時々あったなぁ。

ビックリしたのは、朝の朝礼の時にすら、一人で座るのがイヤ、っていう人がいるのね。
ほんの20分くらいの朝礼で、食堂でやるから席なんてどうでもいいのに、ボッチがいやなんだよねー。

ここ、職場でしょ。

群れるのが好き、というか、群れていないと安心できないのが日本人なのかな。
もっと素晴らしい精神性があるのになぁ、と思います。

そういえば、みなと同じ、ということが大事にされてきた私たちだから、目立つこと、たとえ一人でいることでも良しとしない価値観があるのかもしれませんね。

みんな違って、みんないい、そんな風に思っている人はほんとは少ないんだろうと思うな。